スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごく普通の人でも難関資格に受かる非常識勉強法!

「ごく普通の人でも難関資格に受かる非常識勉強法!」
(すばる舎 著:石井和人)

基本的には、全体を通して、
①仕事をしながら資格を取りたい人
②難関と言われている資格を取りたい人
に向けて書いてあります。(ほぼタイトルのままですね)

なので、学校の授業が朝から夕方まで入っていて、そのあとも部活動やサークル、アルバイトをしている人に対しても、この方法は使えるのかもしれません。

全体的に見て、大学の授業数も少ないし、まだ基礎的な資格の受験しか目指してない僕にとっては、まだ早い話だったのかもしれません。
就職して、それから資格が必要になった時にどう見れるかで、良本か悪本か判断ができるのだとおもいます。
暫くは保留です。

2008/11/13
スポンサーサイト

狂乱家族日記 四さつめ

「狂乱家族日記 四さつめ」(ファミ通文庫 著:日日日)

ついにきました、雹霞の話!
というか、思ったよりも早かったです。というのが正直な感想。

四さつめは雹霞と娘さんの話と、千花の話の2本立てで始まります。
章ごとに話が交互になっているので、少し読みにくいのですが、最後まで読んでみて、構成の狙いがわかりました。

ラノベだと文章になり、分量があるので、アニメで放送されていないシーンや設定がたくさんあったりします。
凰火の視力がほとんどないとか、初めて知りました。(アニメで見逃しただけ…?)
あとは、月香が閻禍…!?とも読み取れる記述が…。
この先どうなるのでしょうか…。

でも、続きの巻がない…。

2008/11/13

5×5マスで夢がかなう! 倍速実現マップ

「5×5マスで夢がかなう! 倍速実現マップ」
(ダイヤモンド社 著:内方恵一朗)

5×5マスとありますが、形式がかなり違うのに、少し拍子抜けしました。
ただ、夢を見つけ、叶える為のステップを細かくバランスよく設定する、という点で、何か、やる気を起こさせるものがあります。

以前、マインドマップをやってみようと思ったこともあったのですが、絵心のない僕にとっては、中々思うように行かない…。
それに、いまやりたいことは、課題分析ではなく、目標実現。
そうやって考えてみると、この方法は中々いいのかもしれません。
ひとつの目標につき、25の関連項目を書き出すことで、目標の道のりを多角的に見ることができるということでいいと思います。

そして、実現に向けていく段階で、目標が変わったとき、すぐに新しいマップを作ればいい。
なにも、始めから25項目全てを無理やり埋める必要はない、という、精神的にゆとりがあるのが魅力的に感じたのかもしれません。

2008/11/06

キャパ30倍の効果 クリアホルダー整理術

「キャパ30倍の効果 クリアホルダー整理術」(すばる舎 著:福島哲史)

「積み本」を片付けよう!シリーズ第1弾。
部屋を整理していたら、中途半端な本や買っただけの本が出てくる出てくる。
ということで、ぼちぼちと消化していこう、という企画。

第1弾は、僕の部屋に散乱するプリント類をスッキリ整理するのに一役買ってくれそうな本。
書店で一目ぼれして、衝動買いはいけないと思いつつ…あきらめきれなかった一品。だというのに、途中までしか読んでいない…。
原因は、途中から、あまり実用的でないような内容が書かれていたから。

書類の整理術は、散乱するプリントを整理するのに役立ちそうです。
部屋の片付けついでに取り入れていこうと思います。
しかし、立体物の収容案は、とてつもなくいらないと思います。少なくとも、今は。
この案、実行する人がいるのでしょうか。
クリアホルダーを使わなくても、スーパーでもらえる袋を使った方が、遥かに効率的だと思います。

まあ、要らない部分もありますが、それ以上に、面白い案が色々と書かれているので、自分なりに取捨選択して、ヒントを生かしていくには十分使える本ではないのでしょうか。

2008/11/05

狂乱家族日記 参さつめ

「狂乱家族日記 参さつめ」(ファミ通文庫 著:日日日)

死神v.s.凶華です。
いよいよ、死神さんの登場です。

そして、凰火の過去と凶華の本当の姿について、少し触れられています。
死神さんが凰火の昔の恋人(?)という事で、乱崎家の大黒柱に浮気の疑惑が…!?
父と母の帰りをただただ家で待っている乱崎家の子供たち。

…というか、雹霞の出番が少ない…。
話によると、パチンコ屋の娘さんのところへ会いに行っているようです。
だから、家にいないのですね。
この話はアニメ11話に書かれています。
その話も、原作で早く詳しく読みたいものです。
でも、まだDr.ゲボックが出てこない…。
ずっと雹霞のターン。幸せですね。

そういえば、凰火が凶華に対して怒ったのが2回目と言っていましたが、1回目の時に、何に対して怒っていたのかが、全く印象にありません…。

さてさて、この先、なごやか家族作戦はどうなってしまうことやら。

2008/11/04

知識ゼロからの手帳術

「知識ゼロからの手帳術」(幻冬舎 著:弘兼憲史)

年末も近い、という事で、手帳を買い換える時期になりました。
毎年、東急ハンズやLOFTで気に入ったものを買って使っているのですが、今年(来年?)から就職活動が始まるということで、とりあえず、手帳を有効活用しよう!という目論見の下、購入しました。

年間・月間・週間・一日のそれぞれのスケジュール帳の使い方の例はもちろん、用途に合わせての手帳の細かな選び方もあります。
スケジュール管理のためだけに手帳を持ち歩くのはもったいない、という事で、様々な活用方法がかかれています。(これらのことは、一般的なことなのかもしれませんが…)
僕はまだ学生なので、この本に書かれている、スケジュール管理以外の使い方はあまり使えないかもしれません。将来のために、という事で、参考にしておきます。

初めて買った手帳本という事ですし、かつ、内容も、絵がたくさん使われていてわかりやすく書かれているので、暫くは手元に置いといて、使い方のヒントとしていこうと思います。

以前「情報は1つにまとめなさい」を読んで以来使っているメモ帳はそのまま使い続けることにして、スケジュール管理はやっぱり、手帳に任せるのが僕としては使いやすい気がしました。

2008/11/03

狂乱家族日記 弐さつめ

「狂乱家族日記 弐さつめ」(ファミ通文庫 著:日日日)

アニメ狂乱家族日記、全26話を見終わりました。
ついでに、原作小説2巻も読み終わりました。

今回の小説のテーマは「新婚旅行」
という事で、狂乱家族の新婚旅行のはじまりです。
行き先を決めて手配をしたはずが、途中で飛行機墜落。たどり着いたところは、無人島。
さてどうなる、狂乱家族のサバイバルゲームの始まりです。

…と思いきや、無人島にホテルが。
凶華も一枚かんでいるようで。相変わらずの傍若無人ぶりです。
そして、今回も犠牲に会ったのは、優歌。
まあ、みるからに一番おとなしそうだし、弱そうだしねぇ…。

小説の3巻~7巻を持っていないので、どこかに探しに行かなきゃ…。
すばらしいファンタジーです。
雹霞が可愛い。
EDのねんどろいどちっくな雹霞が可愛くて仕方がない…。むしろ、ねんどろいど雹霞が欲しい…。

2008/11/02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。