スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂乱家族日記 四さつめ

「狂乱家族日記 四さつめ」(ファミ通文庫 著:日日日)

ついにきました、雹霞の話!
というか、思ったよりも早かったです。というのが正直な感想。

四さつめは雹霞と娘さんの話と、千花の話の2本立てで始まります。
章ごとに話が交互になっているので、少し読みにくいのですが、最後まで読んでみて、構成の狙いがわかりました。

ラノベだと文章になり、分量があるので、アニメで放送されていないシーンや設定がたくさんあったりします。
凰火の視力がほとんどないとか、初めて知りました。(アニメで見逃しただけ…?)
あとは、月香が閻禍…!?とも読み取れる記述が…。
この先どうなるのでしょうか…。

でも、続きの巻がない…。

2008/11/13
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。