スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

封印再度 WHO INSIDE

「封印再度 WHO INSIDE」(講談社文庫 著:森博嗣)

今回は年末から年度初めの話です。

犀川と萌絵の二人が、とにかくかあいい!
またまた萌絵が酔った勢いでとんでもないことをしでかします。
いや、単純に酔っただけの時よりも、倒れた後の方がとんでもないですね。。彼女。。。

そして、萌絵に振り回されて、狼狽しまくりの犀川のかあいいこと、かあいいこと。
夜は眠れない、日中は上の空。
慌てて帰ったと思ったら、萌絵にちぅしたり。
挙句の果てに、叔母さんにたきつけられて婚姻届まで持ち出しちゃったりして。。
どさくさに紛れて叔母さんに書類を持っていかれて、事実婚のようになってるし。
およそ人間らしい感情を出さなかった犀川の人間らしい一面を垣間見た!といった所でしょうか。

今回はメインが犀川と萌絵の行方、オプションで事件、といった印象でした。(僕にとっては。

結局、事件の感想は一切なし。。。。

2008/04/22
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。