スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE

「笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE」
(講談社文庫 著:森博嗣)

〝那古野〟の地名を大して気にしていませんでしたが、駅前の〝ナナちゃん人形〟が出てきた事で、何処の事を言っているのかの確信が持てました。
(「国立N大学」が〝那古野〟市内の大学、という段階で気づくべきでした。。。)

今回は、三重県津市の山奥の家(?)が舞台です。
かなり早い段階で「オリオン像の消えた謎」が解けました。
そして、このトリックを使うと、第1の殺人事件で辻褄の合わない事になるのですが。。。
これこそ、殺人事件を解くための糸口で、オリオン像のトリックのおかげで、犯人特定!といった所です。
ちとうれしい。

でもねぇ。
犀川と萌絵が同室とかありえんでしょ!
いえ、正しくは、もう少し、何らかの進展を期待していたり。。。
あの状況にあっても、手を出さない犀川と萌絵のコンビに天晴れです。
(何を期待しているのだか。。。)

2008/05/10
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。