スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

θは遊んでくれたよ ANOTHER PLAYMATE θ

「θは遊んでくれたよ ANOTHER PLAYMATE θ」
(講談社文庫 著:森博嗣)

…え、これって解決…?
「推測」が「仮説」になった程度の状況説明のみでエピローグを閉められました。
それに、結局θが何かはわかっていません。
前作、「φは壊れたね」でも、φの意味が説明されてなかったと思いますが。。。
このギリシャ文字が今後のキーワードとなるのでしょうか。

あとは、やはりというか、真賀田四季博士が一枚噛んでいそうな雰囲気です。
この〝Gシリーズ〟は、森氏のデビュー作を含む、〝S&Mシリーズ〟の人物が大勢出てきますが。。。
果たして、Gシリーズから読み始めた読者は、反町、金子、西之園、犀川、国枝の関係が読み取れるものなのでしょうか。
そこの関係がわかっていないと、事件以外の場面の面白みが半減する気がします。

そうそう、結局、西之園と犀川の約束の内容と、最後に西之園の反撃の結果が、個人的に凄く知りたいです。
あと、冒頭で犀川が市役所に行った理由も。。

2008/05/13
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。