スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生協の白石さん お徳用エディション

「生協の白石さん お徳用エディション」
(講談社 著:白石昌則 東京農工大学の学生の皆さん)

この書籍のタイトルだけは、前々から聞いたことがありました。
本物を見つけたので、思わず買ってしまいましたよ!

ストーリーがあるわけではありません。
大学生協の「ひとことカード(意見や要望を伝えるためのカード)」を通じた、学生と生協に勤める〝白石さん〟とのやり取りが書かれています。

読み終えた感想としては、
公共交通機関内で読むのは危険です。もちろん、授業中にこっそりと読めるはずもありません。
ずっと読んでいくと、突然、爆笑の波がやってくるのです。
僕は、電車内で読んでいたので、噴出すのを必死にこらえて、ぷるぷるしてました。。。

是非、大声を上げて笑えるところで読むのをお勧めします。

2008/05/25
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。