スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルメタル・パニック! 同情できない四面楚歌?

「フルメタル・パニック! 同情できない四面楚歌?」
(富士見ファンタジア文庫 著:賀東招二)

なんか、表紙の絵がとっても格好いいです。
ただ、林水会長、肌蹴すぎ…。きちっとした格好のほうが好きな僕としては、ちいと引いてしまう…。

ソースケとクルツ、そして、マオの過去が書かれています。というよりは、3人の出会いの話です。
らしい過去と、意外な過去。ソースケとクルツの2人がマオの元で、ミスリルの傭兵として働くようになるまでの訓練キャンプでの経緯。…ですが、最後にマオが誰を選んだかを明言されていないので、もしかしたら、この2人でなく、別の人を採った、とかいう大どんでん返しとかあったら面白いかも…?
話としてまとまらないので、それはないと思いますが…。

そして、林水会長の過去についても書かれています。
くわえて、会長が陣代高校に入った理由まで。これは明言されてませんが、なんとなく、予想が付きます。

改めてこう見ると、この作品はとてつもないファンタジーな作品ですね。。。
現実にASが存在しない時点ですでにファンシーではありますが、キャラの個々人の個性が凄い。

さて、今回は…。27ページにある、白衣?ロングコート?のようなものを着たソースケの挿絵にきゅんきゅんしました。だって、普段はそんな格好しないからね。
話の内容では、きゅんきゅんするものはありませんでした。

2008/09/17
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。