スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルメタル・パニック! 終わるデイ・バイ・デイ(上)(下)

「フルメタル・パニック! 終わるデイ・バイ・デイ(上)(下)」
(富士見ファンタジア文庫 著:賀東招二)

急展開も急展開です!
カナメにきゅんきゅんしてるソースケに、きゅんきゅんした!

「ソースケの事は信頼してる」とカナメに言われて、帰り道での足取りが軽くなっているソースケがなんとも可愛らしい。
そして、そんな事があった直後だったから、余計に堪えたのでしょう…。いきなりの、カナメの護衛任務の解除通達。

トゥアハー・デ・ダナンに戻ってから、クルツと2人で話していても、相談になってるんだかどうなんだか…。でも、この場面で見逃しちゃいけないのは、いつもは「千鳥」だった、ソースケのカナメに対する呼び方が、一度だけ「カナメ」になっているではないですか…っ。
任務から解除されても、ずっとカナメの事を考えていて、未練たらたらのソースケ。
しかも、それが原因で事故してるし!
なんかもう、ボロボロというか、情けないというか。

まあ、なんやかんやで紆余曲折あった挙句に、一番驚いた(笑った?)のが、『ミスリル作戦部、トゥアハー・デ・ダナン陸戦部隊、階級・軍曹。コールサイン、ウルズ7のサガラ・ソースケ』だった名乗りが、『陣代高校2年4組所属、出席番号41番、ゴミ係。相良宗介』に変わったことです。
作戦中はずっとカタカナ表記だったソースケの名前が、ついに漢字表記に変わりました!(驚くのはそこか、といった突っ込みはなしです。)

ま、いつもの日常に元通りで、一件落着です。

2008/09/18
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。