スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン

「ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン」
(富士見ミステリー文庫
 著:新井輝 築地俊彦 水城正太郎 師走トオル 田代裕彦 吉田茄矢 あざの耕平)

富士見ミステリー文庫でご活躍中の7人の作家さん達による、リレーノベルです。

①正直な所、2話と3話の間に何が起きたのかは、未だにわかりません。明らかに、3話から先は暴走が始まってるように思います。
②6話にして始めて、タイトルの本当の(?)意味を理解することができました。今までは「〝ネコ〟の〝おと〟(猫の音)」だと思っていました。これでは、タイトルと本文がつながらなくて、終始「?」と思っていたのです。どうやら、本当のタイトルは「〝ネコ〟〝のおと〟(猫ノート)」らしいです。うんうん。これなら、納得です。
③えっ、そんなオチ!?

以上が、この本を読んだ感想です。

余談:個人的には、桜庭一樹先生にもリレーノベルに参加して頂きたいです。。

2008/02/19
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。